ガス給湯器の故障

ガス給湯器

当サイトはガス給湯器の基礎知識、また給湯器の選び方・業者紹介など
困ったときのための基礎知識を紹介します。

ガス給湯器の寿命って?

ガス給湯器 ノーリツガス給湯器とは、お風呂やキッチンや洗面所などで使うお湯を沸かす給湯器の事です。現在では、ほとんどの一般家庭に備え付けられています。ではガス給湯器の寿命(耐用年数)とはどれくらいなのかというと、家族構成による使用頻度などによっても変わってきますが、平均して10~15年程度と言われています。どのような高性能な機械もいつかは必ず壊れます。夏ならまだ良いですが、冬場にガス給湯器が故障してしまったらお風呂や食器洗いなどに支障をきたします。なので、定期的なガス給湯器のメンテナンスや交換が必要となってきます。ではガス給湯器の交換時期の目安となる兆候はというと、お湯の温度が勝手に設定温度より高くなったり低くなったりした時は、給湯器が正常に動作していないサインです。また、給湯器から異常な音が聞こえてきた場合は、点火機能に異常がある可能性があります。またはリモコンにエラーコードが表示されるなどした場合も、寿命の可能性があります。(ガス給湯器,寿命)

ガス給湯器を比較するときには、物件のタイプに合ったものであるのか確認するようにしましょう。
ガス給湯器と言っても、一戸建てに対応したものもあればマンションに対応しているものも存在しています。
住宅に合ったタイプのものを選ぶことは、安全に使用するうえで重要になってきますので、この点の比較を行ったうえで商品を選んでみるとよいでしょう。
また、ガス給湯器の比較ポイントとして、給湯能力についても確認する必要があります。
お風呂に入った時など家庭内で同時にお湯を使った時に、ガス給湯器の機能が落ちてしまうと、使用したいと思っても快適に使うことはできません。
特に、家族と一緒に暮らしている場合には、お風呂と家事を行うタイミングが同時になることも多くなってきますので、同じタイミングで使用したときでも、水量に問題なく使えるように給湯能力についてもチェックを行っておきましょう。
選ぶときには、住宅のタイプに合ったものや給湯能力について確認しておくと安心です。

ガス給湯器と水漏れの原因

給湯器 水漏れ
ガス給湯器での水漏れはよく起こるものです。これは給湯器内部の圧力が高まった時、「加圧防止安全装置」というものが働いて水抜きをしたためです。このような場合は故障の心ガス給湯器 水漏れ配はありません。
 しかしガス給湯器の水漏れは、内部の配管やパッキンなどの部品が劣化によって起こることもあります。しかもこの場合、水漏れによって部品の劣化はさらに加速していきますので、すぐに対処しないと危険です。賃貸の場合でしたら、すぐに大屋さんに連絡し、業者の方に点検してもらいましょう。
 内部の部品が原因で起こる水漏れは「どこか少し調整すれば治る」程度のレベルの問題では済みません。当然部品の交換が必要となってきますが、購入から7~10年経過しているガス給湯器の場合、既に部品の生産が行われていなかったり、その部品を取り寄せるためにかなり高額な修理費が発生する可能性があります。それならば、「買い替えのサイン」だと思って新しい製品を取りつけてもらった方が、はるかにコスト・パフォーマンスは高いです。
【おすすめ】
給湯器で交換・取付をお考えなら、ガス給湯器センター”ほっとユー”へおまかせください!
ガス給湯器(横浜・川崎を中心に東京・千葉・埼玉まで!ノーリツ 修理・取付け ガス湯沸かし器)
年中無休;年末年始・1月1日も営業!もちろん、土日祝も

ガス給湯器とおすすめメーカーことの特徴

これから寒くなる季節に入り、ガス給湯器メーカーの比較検討を始めた方も多いのではないでしょうか。
上位ベスト4のガス給湯器のメーカーを比較してみると、その特徴をよく理解することが出来るようになります。まず、最も知名度が高く、シェアも順調に広げているのがリンナイとノーリツのガス給湯器です。
ランニングコストが従来の半分以下となっており、家計にも優しいのが魅力でもあります。
設備費用はかかりますが、それでも使い続けることによって元を簡単に取ることが出来るとあって利用者からは高い支持を集めています。
ガス給湯器で知らない人はいないと言われるのがパロマの給湯器です。
年間一万円以上のガス代を節約することが出来る、業界有数の節約型給湯器です。
現在、どのガス給湯器メーカーもエコに力を入れており、できるだけガス代を節約できるような給湯器の開発に余念がありません。
やはりトップクラスはリンナイ・ノーリツに勝るものはないのが現状であります。

値段から考えるガス給湯器の選び方

ガス給湯器 横浜・川崎ス給湯器と一口に言っても値段もさまざまです。これは多くの家電製品と同様に高額であればさまざまな優れた機能があるなど、機種によって違いがあるからです。使用用途や、使用量なども含めてじっくりと考えたいところではあります。なぜならガス給湯器は場合によっては朝から晩まで毎日使用するものです。価格だけを検討して不便な生活をするというは賢い選択とはいえません。

ガス給湯器の値段は安いほうだと6万円前後からあります。さらに高額になるといろいろな追加価値が付随しますが、最近の流れで言うと、ガスの使用量を抑えたエコシステムにどのメーカーも力を注いでいます。エコシステムは便利な機能というよりも、その後のガスの料金に直結するものです。機器の値段は効果でもガス給湯器の一般的な寿命が10年前後といわれているので、結果としてどちらが経済的かというのも含めて検討することが必要になります。長期的に暮らす予定の住居であればこういったエコシステムが備わった機器の方がよりよい選択と言えるでしょう。

ガス給湯器の修理のタイミング

ガス給湯器が故障した場合には、生活に大きな支障があります。家庭ではお湯を使う場面が多くあり、とても不便になります。ガス給湯器が故障してしまった際には業者へ修理を依頼することが必要になります。そして、自分で修理をすることは決して行ってはいけません。事故の元になります。
ガス給湯器の寿命は約10年以上と言われています。購入してから10年を経過した給湯器が故障してしまった場合には買い替えも視野に入れておきましょう。修理代も平均3~5万円ほどで、決して安くはありません。買い替えたほうが得である場合が多いようです。
メーカーの保証期間内である場合には、修理費用はかからないため、すぐに業者に依頼をして点検や修理をしてもらうことができます。しかし、この期間を過ぎてしまうと費用がかかるため、自分でしっかりと確認をする必要があります。
お湯が出なくなってしまったときの他、異音や異臭があったときにも、まずどこに不具合があるかを把握してから修理の依頼をしましょう。

ガス給湯器と修理の費用について

ガス給湯器ですが、使用年数によって費用や修理の仕方が変わります。
1年以内であればメーカーの保証対象で、7年以上は1度は修理対応可能(コントロール基盤等で高額の費用がかかる場合あり)、10年以上であれば、ガス給湯器の耐久年数が10年程度なので買い替えが良く、修理にした場合は部品代が高くつく場合があります。
機器制御用電子コントロール基盤修理代の参考価格目安は給湯器専用は2万円〜・風呂給湯器は3万円〜となっています。
エラー表示のタイプによっては、修理に出さずに自分で調べてみて治す事も可能です。
ガス給湯器の修理の相場は種類によって、多少差はあるもののおおよその相場は3万円〜4万円前後といった所で、別途工事が必要な場合はこの料金に上乗せという形になります。
工事の実施日は基本は受注後2〜3日後で、取り替え工事の場合は3〜4時間程度で取り替え可能(現場の状況によっては多少工事が長引く場合あり)。
アフターメンテナンスとして保証期間を延長する事も可能です。

【PR】
■ガス給湯器(横浜・川崎を中心に東京・千葉・埼玉)のトラブルなら
ガス給湯器センター”ほっとユー”


■東北(仙台)のガス給湯器なら
準備中(近日アップ予定)


■九州(福岡)のガス給湯器なら
準備中(近日アップ予定)
Copyright(c) 2014 ガス給湯器 All Rights Reserved.